内臓脂肪NAVI(燃焼・食事・減らす方法)


内臓脂肪に関する情報をご紹介

【内臓脂肪克服に向けて】

授業にまで登場する内臓脂肪

子どもの保健教育が今、話題になっています。それはやはり内臓脂肪などの生活習慣などの重要性が挙げられているためです。
小学校や中・高校、盲・聾・養護学校の養護教諭や、中学校・高校の保健担当教諭による、「こころ」と「からだ」の面から子どもたちの教育が重要のようですね。

「養護教諭」とは、学校での保健管理や保健教育を担当する先生ですが、一般的に言う「保健室の先生」ですね。
特に小学生高学年や中学生の思春期のころになると、心の問題で保健室に来る子どもたちが増えているようなのです。
ですから、子どもの保健教育と養護教諭においてもちょっと解説していきたいとおもいます。
「養護教諭」の仕事は、保健室で救急処置をする人というイメージが強いですよね。でも実際には、学校の全体に目を配り、学校に在籍する子ども全員の健康管理・記録や子どもの保健教育、健康相談活動など幅広い活動をしているのです。
また、大切な健康情報を積極的に発信するという役割も期待されていますね。
最近では、子どもたちのこころの健康問題が大きく取り上げられるようになっていて、これに対応する「精神保健学」やカウンセリングの技法などを学ぶなどのスキルも大切なのです。

このようにメタボリックや内蔵脂肪というものはこんなところまで広がっているのです。
ここで重要となることは、やはり未来を背負う子供、そしてその未来に内臓脂肪が蔓延していたら・・・ということなのです。
そんな世界になってしまったら、不健康極まりない世界といってもいいでしょう。これは非常に恐ろしいことです。
ですから、我々が少しでも徹底していく意識というものが必要となってくるのです。これが大切なんですね。


▲このページの上部へ