内臓脂肪NAVI(燃焼・食事・減らす方法)


内臓脂肪に関する情報をご紹介

【内臓脂肪克服に向けて】

内臓脂肪で広がる病気

内臓脂肪はとても恐ろしいことが起こることがあります。第一にがんの転移といってもいいでしょうね。
学会やネイチャーでも発表されてるように早期発見が重要です。どのような種類のがんでもステージ4のレベルまで進むとワクチンも効果がなく生存率は著しく低下します。
多くの芸能人もがんで死亡してます。もちろん、すべてが内臓脂肪とは関連性はありませんが、やはり生活習慣病を引き起こすことが多いのです。
がんの転移と学会においては、がんの転移に関するメカニズムの解明やがん治療に関する研究をおこなうと共に、研究成果を各種学会やシンポジュームなどを通じてがん種別ごとの成果を発表し、啓蒙をはかっております。

また国立がんセンターも設立されており、ここにも研究所やがん対策情報センターや主要な病院も加わりがん対策の研究実験がおこなわれています。
いずれは内臓脂肪との関連性もわかってくるかもしれませんね。それに精神的な問題も引き起こすことがあるのです。
それは自律神経失調症ですね。内臓脂肪がなくならないことから併発する方もいるのだとか。
こういった場合は、自律神経失調症チェックで、原因を調べ、自分にあった治療法や薬を見つけましょう。自律神経失調症に効くサプリメントの販売は、通販でも行っています。

またこの重要性を知らせる為に、子どもの保健教育にも内臓脂肪における情報が取り入れられています。
10歳から15歳くらいまでの第二次性徴期が大切ですね。からだの各部分にみられる男女の特徴は、性ホルモンの作用によって変化がおこります。男子の声変わり、筋肉や骨格が発達しからだつきががっちりする、女子では、丸みをおびたからだつきや初めての月経が起こるなど、いわゆる思春期の保健教育は社会的にも重要な問題ですね。
こういった時期に内臓脂肪が高いと大変です。


▲このページの上部へ